1月28日(土)


仕事を終え、職場近くのRRRという場所に行く。

幻の名盤解放同盟や、東京キララ社に縁の深いイベントスペースで、この日は世界各地のレコードが掛かるイベント。

職場近くにこんなところがあるっていうのは、なんとも運がいいし、仕事と遊びの境界線を曖昧にされるような気持ちも抱く。

注 音楽関連の遊び場のトイレを撮るライフワークをしています。

その後、幡ヶ谷フォレストリミットに行った。エネルギッシュゴルフ主催の冬の日本酒祭りっていう名前のイベント。

台湾の、MeukoMeukoっていう電子音楽にボーカル乗せるアーティスト、コジマリちゃんの友達でもある、子が来日してて、最近ちょくちょく来てて食品まつりさんとかとやったりしてんだけど。

そんで、その子のライブ、とても良くて、その週の水曜日にやったPOOTEE君とのバック2バックでのDJも、なんだか2人の微妙な距離感が良くてよかったんだけど。

そんでラッパーのNOPPALちゃんが、みんなで台北遊び行って、もちろんコジマリちゃんがアテンドして。

そんで向こうでMeukoMeuko、NOPPALでレコーディングしてたのかな?一緒に作ったEPがあって、めっちゃ良いよ。そんでその曲をこの日は2人でやったんだよね。よかった。!

ほかのライブも良かったし、味噌煮込みおでんみたいなやつも美味しかった。

楽しかった。

全然関係無いけど、VETEMENTSって、最近脚光浴び系ブランドが、フランスにあるんだけど、デザイナーの人はきっと、天然でサイジング感がおかしい格好をしている一般市民というか、普通の人?の服装にすごく影響を受けてて。

そういう人、結構いるじゃないですか。で、本人はその気は無いけどなんだかおかしな感じになっちゃったみたいなのを、コレクションとして取り入れてアートっぽく発表してて。で、超高いわけじゃん、値段が。で、お金持ちが買って着てインスタグラムとかするわけじゃん。

で、それってさ、それが注目されればされるほど、つまりは一般市民というか、普通の何の気なしに生きてる、人たちの美しさを肯定して賛美することになっているっていうのがさ、その、セレブでVETEMENTS買ってる人は気づいてないかもだけど、

そういうことになってるってのがさ、超イイじゃん。

で、そのVETEMENTSのデザイナーはバレンシアガってのもやってて、そんでバーニーサンダースって、大統領選で負けちゃったすごく最高な政策を主張してたおっさんの格好をモチーフにしてコレクション発表したのよ、最近。クソやばいでしょ。

やっぱおれたち一般市民が一番最高なんだよ、え?ひとくくりにするなって?そうかも。

僕は金持ちになりたいけど、そしたら何か色んなものが変わってしまう怖さもあるから小金持ちになりたいような、なりたくないような。

アフリカの病で苦しんでる子に寄付もしてないし、自分のことばかり優先している。

なんか、結構あきらめてる。金持ちがいて、食べれなくて死ぬような貧乏人もいる。その段差が無いと川みたく、流れが出来ないのかもなって。

でも、だんだん少しづつ良くなってる気もする。わかんない。神になってみんなを救いたい。

フカーツ

Posted from SLPRO X for iPhone.