INTERNAL BELIEVE

こんにちは、フカーツです。

8月の最終週末は、夏の終わりを見越してそこかしこで楽しそうな催しが行われていました。

僕もこの前週からサマーソニック、錦糸町河内音頭盆踊りを経由してのforestlimitなど遊びまくりつつ、

東京アートぶっかけフェアFINALに向けたジン制作、そして三日間のフェア参加と目まぐるしく過ごしていました。

そんな最中の土曜日の夕方から夜にかけて、東東京の溜まり場、蔵前4273でINTERNAL BELIEVEというイベントが行われ、僕もDJしたんだけど、とても楽しかった。

主催者ユキちゃんの「芝生の上でゴロゴロしながらアンビエントが聴きたい!」という野望を具現化し、

最終的に芝生ではなくゴザになったことでほぼ誰かの田舎のデカイ家でパーティーしてるみたいな、目を細めると囲炉裏が見えてきそうな雰囲気になったものの、ゴロッと横になってほんわかした映像と共にアンビエントサウンドに興じてお酒を飲んだり食べたり、ほんと贅沢で、疲れないし、最高。

ゲストライブに、やけのはら氏が今年突然始めたアンビエント・バンド「UNKNOWN ME」。

UNKNOWN MEのカセットテープ音源はアートぶっかけフェアに出店しているナ ィ ス ゙/ ョ ッ ┐° ス ─

でも取り扱いがあり、H.TAKAHASHIさんもやけのはら氏もフェアに来てくれていた。

千葉の妖精murakamiさん。少ししか聴けなかったけどダブとかも交えてエスニックにも電子アンビエントにも振れる内容で、良かった。

僕のほんわかしたDJを挟んで仙台PANGEAの妖精KAMATANのDJ。

これがまたツボを突かれすぎる大変好きな感じで、丁度良さの殿堂みたいな、外はカリッと中はふわふわみたいな、よくある美味しい食べ物みたいな、

ほんといい感じだった。

電子アンビエントやクラウトロックが織り混ざっていくたびにウオー、かっこいい!

妖精の力を垣間見た。

UNKNOWN ME

アンビエントのライブなのにちょっとワイワイ感があるのが可笑しい。VJのアロエ君が横並びで居るのも。

最後はKEIさん。

いつもの激しめな感じでエスノからブレイクコアまでかましまくるスタイルじゃなくてイベントに合わせたアンビエント寄りの選曲は初めて聴いた。

これがまたかっこいい。

僕の出番でも掛けた曲にちょいちょい反応してくれていて、そりゃそうだっていう、KEIさんやL?K?O?さんのDJがめっちゃ好きで影響受けまくってるからね、当方。

やけさんやKEIさんの前でDJするなんて考えたことも無かったけど、なんだか嬉しかったです。

ほんとに良い夜だった。

この後高円寺に遊びに行った。

フカーツ

Posted from SLPRO X for iPhone.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です